こんにちは、林です。

さて、ブラジル滞在記も終盤。
残すところあと3日となりました。
荷物整理やら買い物やらでいろいろバタバタして、
予定していた日焼けもなかなかできません。

メストゥレトニーは、これまでの経験からか、
旅の準備は早めに済ませたいという、かなりきちんとしたタイプなので
僕の荷物のビリンバウ20本分を、さっさと梱包してくれます。
とても面倒見がいいんです。助かります。

昼ご飯は、近所のレストランで食事です。

DSCF9086
僕は今回の滞在の中で、ことあるごとにトニーに

「ランバリはブラジルに来るのは初めてだから、色んな事を経験させてあげたい」

と伝えているので、トニーも昨日とは違う事を、ということで毎日色々提案してくれます。
とても有難いです。

DSCF9085

ランバリの腹のことを考慮しつつ、
何となく胃に優しそうな鶏肉。

そんな大人の気遣いなど露知らず(ま、知ってても何とも思わない人ですが)
今日も元気にコーラを注文するランバリ。

DSCF9083
そして、知らず知らずのうちにたくさんのことを経験していきます。
この環境が当たり前ではない、ということが分かる日が
きっといつか来るでしょう。来るかな?

今日のレストランは僕も7年ぶり。色々思い出深いレストランです。
昔と比べると店舗が拡張されていて、儲かってるようです。
リーゾナブルで、味は、ヴェフメーリョもお墨付きの美味さです。
バイーアで一番美味しいムケカが食える店だ、と、この前言ってた気がします。

ランバリ、お腹の調子も絶好調で、一人でコーラの大瓶を飲み干します。

僕とトニーは軽くビールを一杯。

午後は何をしたか忘れましたが何かしていました。
日記は早めに書きましょう。

今日は木曜日なので、ホーダ。
今回の滞在で2回目。

何年もカポエィラから遠ざかっていたアンドレーと久しぶりの対面。
すごくいいタイミングでブラジルに来られて本当に良かった。

ホーダの後はランバリとアカラジェを食べました。

DSCF9125

ランバリが腹を壊していたことは、本部の全員なぜか知ってるので、

「(胃にガツンと来るあの)アカラジェはやめておけ」

と言われましたが、きっちり二つ平らげました。
バイーアではアカラジェは、非常に強い食べ物という認識ですが、
黄色帯のえしこさんも二つ食べたそうです。

ガラナ(炭酸ジュース)ももちろん飲みました。
ガラナを日本式に口から飲んでいるとヴェフメーリョに

「なぜストローを使わないんだ?」

と怒られました。これは僕も知らなかったのですが、
ジュースはストローを使わないと駄目なんでしょうか?
誰か教えて。

 

Comments are closed.