4

今年も熱かった。カポエィラ・テンポの7月のバチザード月間。

10

ブラジル、バイーア州サルヴァドールの本部から今年も

最高師範Mestre Tony

そして3人の師範

Professor Furacão

Professor Vermelho29

Professor macarrão

そしてもう一人卒業生の

Formado Mexicano

5人を招聘してのイベント月間。

 

洗足池渋谷支部からも、今年は6人の新しい生徒たちが

黄緑帯を手にしました。

また、新しい1年が始まります。

 

特に、Vermelho29とMexicanoが来た時の「ゴム」を使った

レッスンは盛り上がりました。スタジオを縦にながーくゴムを通し

その下をカポエィラの動きでくぐったり、その上を飛び越えて

アウー(側転)したり。いつもは優等生の鈴木君も、カポエィラの

しなやかな動きにてこずって、ただのロボットと化してたり。

みんなのいいところ、悪いところ、色々引き出してくれるのも

師範たちの指導テクニック。最後にみんなまとめて組手の相手を

してもらったのですが、師範のオーラで圧倒されて、何も出来ずに

やられて終わり、なで斬りチーン、っていうのが続出。

 

ブラジル本部の先生たちは惜しみなく全てを出し切ってくれるので

受け止めるだけでみんな必死でした。そんな1か月。

先生たちが帰国された後は、エネルギー不足で幽霊状態の

生徒もいました。気持ち、すごい分かります。

 

また、来年に向けてたくさんの課題を受け取ったので、

これから1年、生徒一同頑張りますので、宜しくお願い致します。

Leave a Reply

  • (will not be published)